口内炎の治し方について

口内炎が出来る場所と原因と意味

 

そもそも、口内炎というくらいですので口内に出来る炎症のことを言います。つまり出来る場所は口内がほとんどとなります。

 

この口内炎ですが、そもそも原因は何かというと複数あり、ストレスや睡眠不足による免疫力の低下によって細菌やウィルス感染して出来ることがほとんどです。もちろん、病気であったり栄養不足という原因もあります。

 

しかし、免疫力が低下していなければ症状がでることも少ないので、引き起こされる根本的な原因と言えばやはり免疫力の低下ということになるでしょう。では、どのくらいで完治するのかというと基本的には1週間程度となります。

 

しかし、長ければ2週間かかるという方もいます。病院に行くほどのものでもありませんが、もし口内炎が出来たら、とにかくストレスを溜めずにしっかりと睡眠時間を確保するということが大切になります。

 

また、原因として喫煙が原因によって口内炎を引き起こしてしまうことがありますし、口内の粘膜を噛んでしまって傷がつくことによって引き起こすこともあります。ちなみに口内炎が複数発症したり、酷くなったりすると病気が関係している可能性もありますので病院に行くことをオススメします。

 

口内炎は唐突に発症するものであり、厄介なものですので、常に原因になるようなことを避けて生活することをオススメします。治りにくい場合には、市販の薬なども販売されているので、辛いのであればそういったものを使用してもいいかもしれません。

 

口内炎のパッチ剤を使用するコツと効果について

 

口内炎というのは口内粘膜が傷つくことによって細菌が進入し炎症を起こして引き起こされます。食べ物を食べると激痛が走ってしまったりと不快な症状が多い病気ですが、1週間から長くても2週間放置しておけば自然と治ります。

 

しかし、食事をするのも億劫になるほどの痛みですので1週間でも辛いという方は多いです、また悪化をしてしまうと長引いてしまいますのでより早く治したいと思うでしょう。そういった際の治療法として挙げられるのが薬物療法になります。つまり口内炎の薬があるということです。

 

まず、口内に塗布する軟膏があり直接患部に塗って口内炎を治します。しかし、軟膏でしたら唾液によってすぐに流れてしまいますが、そういうことを考えて開発%asれたのがパッチ剤となります。

 

これは単純にシール上になっており、患部に貼ることによってシールについた薬が患部に直接作用するというものになります。でも、口の中に水分があるのでくっつかないのではと思っている方もいますが、食事をしても剥がれないようになっているので心配ありません。

 

もちろん長時間は続かないので剥がれたらまた別のパッチ剤をしようするといいでしょう。これがあるだけで食事のストレスも感じなくなりますのでオススメです。

 

ただ、パッチ剤によっては剥がれやすくて意味がないという話もあります。唾液によって口内の水分が多くなるとすべりにくく貼りにくくなるのは確かです。ですので、もし貼るとすれば水分をふき取ってから張るようにしてください。

 

また、貼る際は指で押さえたままにして数秒離さないようにすると腫れます。そもそも口内は弾力があることで貼りにくいのでしっかり抑えないと剥がれてしまいます。

 

もし貼れなかった場合は、新しいパッチを使用しましょう。もちろん薬剤が付いている方を確認して張るようにすることが大切です。効果はありますので、もしなかなか治らないという場合は上手く貼れていないということを考えましょう。

 

口内炎を悪化させない方法と治りにくい赤い口内炎

 

実は口内炎というのは出来やすい人と出来にくい人がいます。触れるだけで痛いので出来やすいという人は非常に憂鬱になりますが、出来ることよりも悪化させないということも考えなければいけません。

 

基本的に口内炎というのは1週間から2週間程度で完治しますが、もし悪化してしまったらどうしても長引いてしまいます。食事をするのもストレスになってしまいますのでそれを避けるためにも早く治す方法を覚えておきましょう。

 

早速ですが、早く治すために朝起きてすぐ水、お茶、食塩水のいずれかでうがいをしてください。うがいをすることで口内を除菌します。

 

傷口に細菌が侵入することによって口内炎は引き起こされるので除菌をするだけでも効果があります。特に睡眠中に細菌が繁殖しますので、朝起きてすぐうがいをするように癖付けてください。

 

次に食べ物に関してですが刺激物を避けて胃に負担がかからないように気をつけてください。辛いものなど避けることをオススメします。もちろんゆっくり噛んで食べることで胃の負担は減少します。

 

そして、もう一つ知っていてもらいたいのは口内炎だと思っていたら怖い病気だということが稀にあります。例えば舌癌や口腔癌などがありますが、もちろん癌なので放置をすれば命を落としてしまうこともあります。

 

見極め方もありますので、ちょっと口内炎と違うなと思ったり、長引くなとおもったらその線も考えておくといいでしょう。ちなみに、特徴としては腫れが広がったり、白い斑点が出来たりします。

 

少し口内炎っぽくないなと思ったら医師に相談することをオススメします。ちなみに口内炎の場合は長くても2週間程で治りますがそれでも治らなければ疑ったほうがいいでしょう。